天然木一枚板テーブルの天板塗り替え【香川県高松市内のお客様】02

Category : 家具修理再生リペア
天然木一枚板テーブルの天板塗り替えのご依頼【香川県高松市内のお客様分】

以前お客様がご自身で塗られたオイル塗装の天然木天板をウレタン塗装に塗りなおし(塗り替え)ます。

塗り替えリペア前の状態 BEFORE
天然木一枚板テーブルの天板塗り替え【香川県高松市内のお客様】01a

天然木一枚板テーブルの天板塗り替え【香川県高松市内のお客様】01b



塗り替えリペア作業中
まず塗装を全てはがしてからカンナがけして天板の大きなむらを取りました。
天然木一枚板テーブルの天板塗り替え【香川県高松市内のお客様】01c

天然木一枚板テーブルの天板塗り替え【香川県高松市内のお客様】01d

天然木の一枚板でもこのように白太と赤身(心材と辺材?)のコントラストがはっきり出ているものは、いくらウレタン塗装でも明るく透明感のある均一な色に仕上げるのは無理があります。不透明なとのこや着色剤で生地を隠蔽すれば均一な感じになるのでしょうが、その場合は木目が潰れた、ペンキ塗装のような仕上がりになってしまいます。

天然木の木目を出す(透かす)家具塗装の場合、下地の木目の模様の変化や濃淡、その樹種特有の木肌の色合いなどを出来るだけ生かす方向で塗装するのが良いのだと思います。なので天然木の一枚板を買うときでも、製材された板でカンナがけされた状態でしたら表面を水で塗らしてみて、木肌の濡れ色や木目の出かたを確認してから購入すれば、自分の好きな色の木肌かどうか、塗装したときの木目の見え方もわかりやすいと思います。


塗り替えリペア後の状態 AFTER
天然木一枚板テーブルの天板塗り替え【香川県高松市内のお客様】02a

天然木一枚板テーブルの天板塗り替え【香川県高松市内のお客様】02b
生地自体の心材部も赤味があったのとお客様のご希望で以前より赤味のあるケヤキ色のような色で濃い色に変更しています。※窓からの光が写り込んだ板中央が薄く見えていますが、全体的な色差が出ないよう調整しています。


家具の修理・リペア・再生・リフォーム・改造・リメイクから
家具製作・デザイン・販売の状況を香川県高松市より発信中

(有)ふじ家具センター
香川県高松市香川町川東下606-6
TEL087-879-1009


Comment

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア