香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】01

Category : 仕事
今日から、さぬき市内のお客様分の輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理に取り掛かっています。飼っている猫に引っかかれ破れた生地の張り替えと、ぐらついている背もたれの修理のご依頼です。

修理前の状態 BEFORE香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】01a

香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】01b


このお客様はブログで私・藤澤の名前を見て仕事を依頼をくれたそうで、お邪魔するなり
「藤澤さんってもとは塩江(しおのえ)の出身ですか?」と聞かれました。
「はい。そうですよ。」
「じつはうちのおばあちゃんも藤澤で・・・」


その藤澤おばあちゃんに聞いたことを帰ってから父に話すと
「そのひとの親戚の●●って、うちも親戚なんぞ(笑)」
県内の人はよくご存知でしょうが香川県の藤澤は高松市(旧香川郡)塩江町上西(しおのえちょうかみにし)の出身者が多いのです。


塩江町上西の内場池(ないばいけ)西岸にあるうちのお墓の隣には、山頂から移設された(内場城は山城でした)藤澤氏の祖とされる藤澤藤新太夫のお墓と案内板が立てられています。雨の少ない高松の水がめとして内場ダムが作られたとき、水没する集落に住んでいた多くの藤澤さんも立ち退いたそうです。もしそのとき立ち退かれた方やその子孫の方々が県内外からふるさとが沈む内場ダムまで帰って来られたときには、平成三年に塩江町が設置してくれた案内板に藤澤家の由来が次のように書かれていますので見てみてください。

・讃州藤家の子孫大野新太夫有高の子光高がこの地(現在の塩江町上西内場のこと)に移り、内場城を居城とし、藤澤氏とした。(塩江町史より)
・以後、藤新太夫は屋島の源平合戦に同人と源氏方に味方して参戦している。(吾妻鏡より)
・全讃史によると、「藤新太夫は元暦二年(一一八五年)二月十八日屋島で戦死した」と記されている。墓石には元暦元年七月十三日と記されており、いずれが正しいか不明である。

Comment

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア