在庫品ボタン締めソファーの張り替え02

Category : 仕事
在庫品ボタン締めソファーの張り替えですが
当初表面生地をはがして張り替えるだけのつもりだったのが
ウレタンの下のベルトバネがこんな風に品質や適正が怪しいもので張られていたのでベルトバネ張り替えなくてはいけなくなりました。

ベルトバネ、もとの状態 BEFORE
在庫品ボタン締めソファーの張り替え02a

ベルトバネについては外から見えないところだからからか中国製のものは品質が悪いもの(新品でも中のゴムが死んでいるような状態のもの)が多い気がします。実際このソファーも売価は10万円弱で、海外製量産ソファーのボリュームゾーンが多分2~3万円ということからも安物とは言えない代物で、メーカーもそこそこちゃんとした実績があるところ(国内ではかなりの大手さんも取り扱っていらっしゃいます)なのにこのありさまです。ソファーの構造上、体を支えるベースになる材料なのでそこは間違いない物を使って欲しいのですが・・。

背もたれのベルトがダメそうなのは一般の人でも写真を一見すればわかると思います。
これって衣料品用の平ゴムなのでは(笑)?
座面の方は椅子張り用の材料なのですが、いざテンションをかけてみるとフニャフニャです。
もし座が抜けて事故になったらと思うと怖いです。


そんなわけで日本製ベルトバネを追加張りしました AFTER
在庫品ボタン締めソファーの張り替え02b

【追伸】
申し訳ありませんが、このソファーの張り替え作業、使われていたボタンが少し特殊なもので材料の入荷までしばらく作業を中断することになりました。記事を読んでくれていた方には申し訳ありませんが、できるだけ早く作業を再開しますので何卒ご容赦おねがいします。


Comment

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア