『プランB 破壊的イノベーションの戦略』 ジョン・マリンズ+ランディ・コミサー著、山形浩生訳 を読みました

Category : その他
『プランB 破壊的イノベーションの戦略』
ジョン・マリンズ+ランディ・コミサー著、山形浩生訳 を読みました。

プランB 破壊的イノベーションの戦略プランB 破壊的イノベーションの戦略
(2011/08/25)
ジョン・マリンズ、ランディ・コミサー 他

商品詳細を見る

当然のことながら僕も含め多くの商売人や起業家が「これは絶対いける!」と取り組んだ新事業でよくコケるわけですが(笑)、この本を読むといまや世界有数の大企業になったベンチャー企業も、最初に取り組んだプランAでは挫折していたことがわかります。

でも成功する起業家が違うところは、挫折して大ピンチの状態からプランB・プランCを探っていき成功するまでどんどん軌道修正していけるところだとわかりました。


この本の目次は以下のようになっています

第0章 プランAは失敗する 携帯の暗号技術から出発したペイパル

第1章 発明より改善を ウォークマンとナップスターを融合させiPodを開発

第2章 ダッシュボードの力 イーベイからひらめいたグローバルギビングの寄付金集め

第3章 売上げモデルという生命線 グーグルは売上げゼロモデルから出発

第4章 粗利モデルで行き詰まりを避けよう パタゴニアの顧客は高価格でも企業理念を買う

第5章 運営モデル改善で贅肉を落とす サウスウェスト航空という師を超えたライアン・エアー

第6章 運転資金モデルで現金力をつける コストコは会費制で現金を先取りする

第7章 お金がお金を生む投資モデル スカイプは初期投資ゼロで通信業界を一変させた

第8章 各種モデルを組み合わせる アマゾンやザラはなぜ他の追随を許さないのか

第9章 独自のプランBを見つけよう! 本書を振り返って自分に何ができるかを考える

Comment

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア