「下町ロケット」池井戸潤著を読みました

Category : その他
池井戸潤著「下町ロケット」を読みました。

下町ロケット下町ロケット
(2010/11/24)
池井戸 潤

商品詳細を見る


この本に書かれているように強い立場にある名の通った企業が、ほんとうは自分のほうが間違っているにもかかわらず裁判を道具にして競争相手や取引先を悪者のように印象付けるやりかたが珍しくなくなって来ているように思います。

★この本の以下のような箇所が特に印象に残りました。

「この訴訟は勝つのが目的ではなく、佃製作所を追い詰めるのが目的だと考えられなくもない。訴訟が長引けば、御社はやがて資金繰りに窮する。ナカシマ工業はそのときを待って、この訴訟の和解案を出してくるつもりかもしれません。株式の半分以上を譲渡することで、損害賠償請求を引っ込めるというね」
・・・・・
「ナカシマ工業は経済ヤクザですか」
「こうなってくると、似たようなものといっていいでしょうね。弁護士も一体になってそんなことをビジネスとして企画しているんですから」


「・・・世の中にベンチャー企業ってたくさんあるでしょ。ああいうところは、どうやって銀行から融資を受けているわけ?」・・・・・
「もし、技術力が評価できないんなら、きっと新しいアイデアとか、仕組みとか、そういうものにどれほど価値があるかも分からないってことでしょう?」
・・・・・
「ベンチャー企業に融資している銀行はほとんどありません」


Comment

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア