【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2

Category : イス・ソファー張り替え修理
香川県高松市内のお客様からのご依頼頂きました海外製木製アームチェアーの修理・塗装が出来上がりました。

修理前の状態 BEFORE
前足の上部が大きく割れているのと、
座枠と柱の接合部が開いて椅子がグラグラしていました。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】a


きちんと修理するために部材に分解します。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】b


この椅子はがたつきがあったものをお客様が接着剤を入れて締め直したらしいのですが、部材の接合部の隙間が残ったままで十分締め付けが出来ていませんでした(矢印部分→部材が密着できず隙間が残ったために接着剤が山盛りになったまま固まっていました)。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】c


塗装をすべて落としてペーパーで研磨します。
※背板だけ色が違うのが分かりますか?実はここだけ成型合板製で表面にウォールナット材の突き板(天然木を紙のように薄くスライスした化粧材)貼りです。この突き板はふつう他の本体と共材(同じ樹種)に揃えるのですがそうなっていません。きっと他の製品と共通部品になっていたのだと思われます。この結果、オイル塗装の仕上がり色がきれいに合いませんでした。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2a


本体をクランプ工具でしっかり圧締して組み上げました。この椅子の座枠は対角にクロスしているのに対して、貫材は外周をつないでいます。つまり2種類の締め付け方向が存在するややこしい作りの椅子です。このようなデザインの椅子はクランプなどの工具を持っていない人にはきちんと組み上げることが出来ませんのでご注意ください。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2b


下塗りと木地着色が終わった状態。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2c


今回はオイル塗装での上塗りでした。樹種の違いから背板だけ濃い色になっていますが、オイル塗装は木地に浸み込ませ木肌本来の色を活かす塗装方法なので、塗膜を形成する一般塗装のように自由に色を調整できません。そういうわけで樹種の違いから色相は違っていますが色の濃さだけ極端に違わないよう塗り回数で調整しました。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2d


座面を付けて修理完了です。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2e


問題のあった前足上部の割れを直して座枠と柱の接合部もくっつけています。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2f


香川県高松市から家具製作・デザインや家具の修理・再生事例を発信!
香川県高松市香川町川東下606-6
(有)ふじ家具センター
TEL087-879-1009


Comment

さすが

流石はプロのお仕事ですね!新品の頃よりもきれいになったかもしれませんね。お見事です!

Re: さすが

なかなか新品の時ほど状態はよくならないのですが(笑)お客さん好みの仕様に変わることで長く使ってもらえるとしたらありがたいことです。
このたびはうれしいコメント本当にありがとうございました!
非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア