『アホは神の望み』村上和雄著を読みました

Category : その他
この本も有名なブロガーさんが紹介されていたので読んでみました。
『アホは神の望み』村上和雄著

アホは神の望み (サンマーク文庫 む 1-7)アホは神の望み (サンマーク文庫 む 1-7)
(2011/04/11)
村上 和雄

商品詳細を見る


この本で特に印象に残ったところは以下の箇所です。

答えが一つだけしかない、あるいは用意された多くの答えの中から正しい答えを選ぶ。こういう収束型の問題には、偏差値秀才が能力を発揮します。しかし、多くの学問で要求されるのは、収束型でなく拡散型の頭脳や研究です。それまでの定理や公式に当てはまらない未知の分野で、新しい答えを手さぐりしながら求めていく。自分で「問い」を発し、自分で仮説を立てて、成功と失敗をくり返しながら、研究を重ねていく。それは用意された答えを選ぶよりも、はるかに多くの思考力や創造力を必要とする作業であり、一つの回答を得るまでには時間もかかります。


環境の変化が心身の健康や能力に影響を与えるといいましたが、人間の場合、もっとも大きな環境は精神状態であり、心の持ち方が遺伝子のON/OFFにたいしてとても大きな力をもっています。どんな環境にあっても、心が「この環境はいい」と解釈すれば、それは自分にとっていい環境になると考えられるのです。


私のしたことは、「何も知らない素人がたまたま運よく成功した」ことになりますが、「何も知らない素人だからこそ成功した」ともいえます・・・よく勉強し、何でも知っている人は新しい試みにどうしても消極的になりやすいのです。知識豊富な者ほど、ものごとを否定的な視点から見る・・・いいかえると、できない理由を見つけることに関してすごく頭がいい。


Comment

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア