【中国製】ネコ脚クラシック風チェアーのベルトばね不良による座面シート抜け修理・張替え

Category : 仕事
香川県高松市のお客様から修理・張替えで持ち込まれた中国製ネコ脚クラシック風チェアーです。
フレームも張り地もまだ綺麗な状態で、座面さえ抜けなければまだ10年くらい張替え不要だったと思われ残念ですが、こういう落とし穴もあるのが中国製品かもしれません。

この状態では椅子として使うことができません。
【中国製】ネコ脚クラシック風チェアーのベルトばね材料不良による座面シート抜け修理・張替え1


座面のベルトバネがべロンと伸びきったまま元の長さに縮みません。
【中国製】ネコ脚クラシック風チェアーのベルトばね材料不良による座面シート抜け修理・張替え2


座面を底からみた状態
【中国製】ネコ脚クラシック風チェアーのベルトばね材料不良による座面シート抜け修理・張替え3


★そういえば以前当店で販売した中国製の別の食堂椅子もこんなになっていましたし<下図参照>
座面のベルトバネ切れ(劣化)による椅子の生地張り替え【ダイニングチェアー背張りあり】b
他店様でも同様のことを何度か聞いたことがありますので、とりあえず中国製のチェアーでも座面がベルトバネタイプは注意して購入したほうが良いと思います。※もちろん日本製やヨーロッパ製のものはまともなベルトばねを使っていることがほとんどで、余程古くならないとこのようになることはありません。


この頃はCNC?とかの機械でCADデータをもとに彫刻するので、一見樹脂製かと疑うくらい表面がとても滑らかに綺麗に仕上がっています。ヨーロッパ製の手彫りで仕上げたものと比べると、また全然違った雰囲気になるものです。
【中国製】ネコ脚クラシック風チェアーのベルトばね材料不良による座面シート抜け修理・張替え4

明日から生地とベルトバネを張替えます。

Comment

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア