90年くらい前のケヤキ製ちゃぶ台折畳み脚OSAKA TSUMOTO SEI 國譽臺(コクヨ製?)の修理・改造【香川県高松市内のお客様】02

Category : 仕事

90年くらい前のケヤキ製ちゃぶ台折畳み脚OSAKA TSUMOTO SEI 國譽臺(コクヨ製?)の修理・改造【香川県高松市内のお客様】02

作業前 BEFORE
薄く仕上げられた 天然木ケヤキ材の巾はぎ天板は
経年の狂いが大きく出ています。
机や卓の天板はある程度フラットでないと使い勝手も再塗装面の耐久性にも問題が起こります。
しかし、これだけ狂ったものからまともに平面を出そうとすると天板の厚みが無くなってしまいます。
90年くらい前のケヤキ製ちゃぶ台折畳み脚OSAKA TSUMOTO SEI 國譽臺(コクヨ製?)の修理・改造【香川県高松市内のお客様】02i

金属定規を当ててみるとどれだけ反っているかよくわかります。
左の板は分解中に外れましたが、くっついた状態ではもっと反っていました。
90年くらい前のケヤキ製ちゃぶ台折畳み脚OSAKA TSUMOTO SEI 國譽臺(コクヨ製?)の修理・改造【香川県高松市内のお客様】02j

脚の貫材も面白いくらい変形しています。
90年くらい前のケヤキ製ちゃぶ台折畳み脚OSAKA TSUMOTO SEI 國譽臺(コクヨ製?)の修理・改造【香川県高松市内のお客様】02k




作業後 AFTER
本当は経年変化で反ったり狂ったりした姿を残したまま修理出来ればいいのですが
今回は実用性重視の方向性とご予算枠の中で出来るだけのことをしてみます。

何はともあれ天板を問題ないレベルにまでむら取りします

90年くらい前のケヤキ製ちゃぶ台折畳み脚OSAKA TSUMOTO SEI 國譽臺(コクヨ製?)の修理・改造【香川県高松市内のお客様】02a

このちゃぶ台の天板はどういうわけかもともと正円でないのですが
今回採用した修理法でますますオーバル形に近づきます。
90年くらい前のケヤキ製ちゃぶ台折畳み脚OSAKA TSUMOTO SEI 國譽臺(コクヨ製?)の修理・改造【香川県高松市内のお客様】02b


【ご注文・お見積り・ご相談について】

●当社にお越しいただけますお客様
事前にご予定をお電話・メールいただけましたら担当者が必ず居るようにいたします。
電話番号は087-879-1009です。

●大きな品物でご持参いただくのが大変なお客様
品物をデジタルカメラやスマートフォンで写した画面・画像データ(写真)を見せていただくだけでお見積り可能です(可能でしたら品物の状態や形がわかるように角度を変えて2~3枚お願いします)。お見積りは無料です。

●ご来店がむずかしいお客様
当社メールアドレス宛に品物の画像(写真)を添付してメールいただけましたら具体的なお返事・お見積りを無料でさせていただきます。
当社メールアドレスは cg542523@cf6.so-net.ne.jp です。

●出張お見積り・出張修理・品物お預かり&お届けも可能です
お客様のお家・会社にお伺いしてのお見積りや品物のお引取り・お届けも行っています。
簡単な修理でしたら出張修理も行っていますのでお気軽にお問い合わせしてください。
(香川県内の出張打合わせや配送は1,000円~2,000円。出張修理は5,000円から)


カリモク・マルニ・モリシゲ・コスガ・富士ファニチャ・飛騨産地製など国産椅子の事例が多いですが、 海外メーカーさんの椅子・アンティーク椅子・他店で購入された椅子も よろこんで丁寧に修理させていただきます。


家具の修理・リペア・再生・リフォーム・改造・リメイクから
家具製作・デザイン・販売の状況を香川県高松市より発信中

(有)ふじ家具センター
香川県高松市香川町川東下606-6
電話 087-879-1009
メールアドレス cg542523@cf6.so-net.ne.jp

Comment

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア