三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】06

Category : 家具修理再生リペア
香川県高松市内のお客様ご依頼品で三面鏡(座鏡)の修理・再塗装をしました。

見てのとおり引出しや金具が無くなっているのと
表面を化粧している天然木の突板が部分的に欠けたりひび割れています。

修理前の状態 BEFORE
三面鏡(座鏡)の修理・再塗装中【香川県高松市内のお客様ご依頼品】01a

三面鏡(座鏡)の修理・再塗装中【香川県高松市内のお客様ご依頼品】01b


まずサンダーがけをしたあと、表面ダメージが大きかった部分の突板化粧張りをしていきます。
三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】02


思い出の品物を修理・再生する場合、
キズをなおさずにできるだけそのままの雰囲気で最小限の機能だけ直す方もいらっしゃいますが、今回はお客様のご要望でキズや汚れをある程度きれいにする方向で修理・再生しています。

表面に天然木の突板を貼る工程は慣れてなくて時間がかかりました。
三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】03a


つぎに無くなっていた小引き出しの2つを新たに制作(前板は楢材、箱は桐材)しました。
※向かって左下と右上の引出しが新しく作ったものです。
三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】03b


突板貼りの周囲の余分なところを落として
引出しも前板を面取りして仕上げました。
三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】03c


オリジナルのほうの引出し前板はこれ以上研磨するとまずいので新たに作ったものと色の差ができました。塗装着色でこの色の差を少なくできると良いのですが・・
塗装が終わったところです。
三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】04


2つを残して無くなっていた元の取手つまみ金具に近いものを探して取り寄せました。
このような座鏡の小引き出しに付ける取手つまみ金具は、製品自体が国内であまり作られなくなっているせいか最近あまり見かけません。よく目にする一般的な箪笥用金具だと大きすぎたりデザインがうまく合わないのです。

もしかして静岡周辺なら和風の小物家具や鏡台の産地だったことからまだ扱っている金物屋さん・メーカーがあるかもしれないのですが、この金具だけのために産地まで行くわけにもいかず(笑)。

当然ネットで探すことになったのですが、大手メーカーさんを10社以上探したあと、偶然オリジナル金具と同じデザインのものを京都のメーカーさんのサイトで発見!

しかしその価格が想定していた予算の何倍もしていたのです!何でも手作業で作られていた金具なので高額とのこと。それでも何十年も前に作られたオリジナルと同じ金具(巾だけが少し違います)が奇跡的に入手できるのもこの鏡台の修理用に残っていてくれたのかもと思って取り寄せました。
三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】05


最後にガラス屋さんに外注していた鏡が出来上がったので取り付けました。
修理・再生後の状態 AFTER
三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】06a

三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】06b

三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】06c

詳しくはお聞きしませんでしたが、この鏡台はお母様の形見の家具ということでした。ご予算枠や家具の状態から今回も商売としては成り立たない仕事になりました。それでも大切な家具を残す仕事をさせてもらってありがとうございました。(当社では通常業務の合間に家具修理・再生や椅子・ソファーの張替え・修理を行っていますため、忙しい時期には緊急の必要性のある場合を除いて1~2ヶ月お待たせすることがございます。ご承知置きくださいませ。)


家具の修理・リペア・再生・リフォーム・改造・リメイクから
家具製作・デザイン・販売の状況を香川県高松市より発信中

(有)ふじ家具センター
香川県高松市香川町川東下606-6
TEL087-879-1009


和風座卓・天板陥没穴あきの修理依頼【高松市内の工事業者さま分】02

Category : 家具修理再生リペア
今回は現場でリフォームか何か工事をされている業者さまが、工事中に道具がお客様の座卓上に落ちたところ天板が割れて穴が開いてしまったのを何とか直して欲しいというご依頼です。
出来るだけ費用が多くならない方法で直してというご意向だったのと、座卓の持ち主のお客様のほうも天板の柄は何でもいいし、使える状態にだけしてくれたら良い、ということでしたので、当社で余っていたメラミン化粧版を使って割れた天板の上から重ね貼りをすることに。

修理前の状態 BEFORE
和風座卓・天板陥没穴あきの修理依頼【高松市内の工事業者さま分】01a

ところがよく検品してみると太鼓張りしてある天板は裏も表もパンクして(胴と天板・裏板の接着が開いている状態)構造自体が分解しています。
和風座卓・天板陥没穴あきの修理依頼【高松市内の工事業者さま分】01b


この状態で重ね貼りしても本体のほうがすぐ壊れてしまって無意味なので
元の天板を全てはがしたあと、開いている部分やはずれている部分を接着していきます。
和風座卓・天板陥没穴あきの修理依頼【高松市内の工事業者さま分】01c

和風座卓・天板陥没穴あきの修理依頼【高松市内の工事業者さま分】01d



修理後の状態 AFTER
余っていたメラミン化粧板をプレス機で貼って出来上がり。
脚も2本取れかけ天板もパンクして分解寸前だった座卓も全部接着し直したことでしっかりしました!
和風座卓・天板陥没穴あきの修理依頼【高松市内の工事業者さま分】02

残念なのはもっと良い柄があればよかったのですが・・いつもテーブルクロスをして使われるらしいのであまり食欲のわかない柄でも我慢してください。※もちろん普通のご予算のある修理の場合は木目や石目・無地など色柄豊富なカタログからお好みのものを選んでいただけます。


家具の修理・リペア・再生・リフォーム・改造・リメイクから
家具製作・デザイン・販売の状況を香川県高松市より発信中

(有)ふじ家具センター
香川県高松市香川町川東下606-6
TEL087-879-1009

香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】03

Category : 仕事
香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】
きょうはあまり作業できませんでした。

背もたれ裏のパネルがボコボコになっていたので日本製の材料に交換しました。

交換前 BEFORE
香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】03a


交換後 AFTER
香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】03b


ウレタンや座面のベルトバネも全て新しくしました。
香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】03c


当社では椅子張り替えにあたって、いろいろな布や合成皮革の生地を椅子張り地メーカーカタログ からお好みで選んでいただけます。(数百種類×数色~百色の色展開)

椅子張り専用の生地は、一般生地に比べ、耐久性や防炎性ほか 環境基準にも高度に適合していますので安心です。 張り地の種類は、布・合皮・革・ペーパーコード等を取扱っています。

カリモク・マルニ・コスガなど国産椅子の張り替え事例が多いですが、 海外メーカーさんの椅子・アンティーク椅子・他店で購入された椅子も よろこんで丁寧に修理させていただきます。

香川県内、高松市内での椅子の張り替え・再生事例をご紹介しています。
(有)ふじ家具センター
香川県高松市香川町川東下606-6
TEL087-879-1009

和風座卓・天板陥没穴あきの修理依頼【高松市内の工事業者さま分】01

Category : 仕事
今回は現場でリフォームか何か工事をされている業者さまが、工事中に道具がお客様の座卓上に落ちたところ天板が割れて穴が開いてしまったのを何とか直して欲しいというご依頼です。

じつは僕もむかし内装工事中(クロス張りの下地処理でパテを研磨していたとき)にうっかり力余ってキッチンのタイルを割った覚えがあります(笑)。なので出来るだけ実費だけですむよう簡易な方法で直してあげようと思いました。

お客様のほうも天板の柄は何でもよいということでしたので、当社で余っていたメラミン化粧版を使って割れた天板の上から重ね貼りをすることに。

和風座卓・天板陥没穴あきの修理依頼【高松市内の工事業者さま分】01a


ところがよく検品してみると太鼓張りしてある天板は裏も表もパンクして(胴と天板・裏板の接着が開いている状態)構造自体が分解しています。

和風座卓・天板陥没穴あきの修理依頼【高松市内の工事業者さま分】01b

また赤字確定ですが(泣)甘い見積りをした自分の責任です。天板を全てはがしたあと、開いている部分やはずれている部分を接着していきます。


見よっ!軽量化の極地!!!
和風座卓・天板陥没穴あきの修理依頼【高松市内の工事業者さま分】01c
お客さんが「軽いのが持ち運びに楽だよね」と言ってた頃の量産品ですから、これで大丈夫かいなと思うほどギリギリまで責めた構造になっています(笑)。それでもこの座卓たぶん30年くらい持ってきたのですからすごい事です。


きょうは底まわりだけ接着して明日乾燥後に表面を接着していきます。
和風座卓・天板陥没穴あきの修理依頼【高松市内の工事業者さま分】01d


家具の修理・リペア・再生・リフォーム・改造・リメイクから
家具製作・デザイン・販売の状況を香川県高松市より発信中

(有)ふじ家具センター
香川県高松市香川町川東下606-6
TEL087-879-1009

香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】02

Category : 仕事
香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】
きのうグラグラしている椅子の背もたれをはずして、きょうは生地や座面のベルトバネをはがしました。

今回の椅子でもベルトバネのゴムがいつ切れてもおかしくない程度に劣化していました。
やはり海外製のベルトバネは気をつけたほうがいいと思いました。

香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】02

お預かりしている椅子全ての背もたれがぐらついているのですが、使い方で差が出るにしても根本原因はどうも座面と背もたれの接合部の接合方法にあるようです。

これが単に何十年も使ったすえの接着切れとかゆるみの場合は、圧締工具を使ってきちんと再接着すれば新品のときの強度に近づける修理が出来るのですが、今回のようにオリジナルの設計や工法に弱点がありそうな場合は、目立たない形でそれを補強する方法を探さないといけません。たいへんです(笑)



当社では椅子張り替えにあたって、いろいろな布や合成皮革の生地を椅子張り地メーカーカタログ からお好みで選んでいただけます。(数百種類×数色~百色の色展開)

椅子張り専用の生地は、一般生地に比べ、耐久性や防炎性ほか 環境基準にも高度に適合していますので安心です。 張り地の種類は、布・合皮・革・ペーパーコード等を取扱っています。

カリモク・マルニ・コスガなど国産椅子の張り替え事例が多いですが、 海外メーカーさんの椅子・アンティーク椅子・他店で購入された椅子も よろこんで丁寧に修理させていただきます。

香川県内、高松市内での椅子の張り替え・再生事例をご紹介しています。
(有)ふじ家具センター
香川県高松市香川町川東下606-6
TEL087-879-1009





香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】01

Category : 仕事
今日から、さぬき市内のお客様分の輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理に取り掛かっています。飼っている猫に引っかかれ破れた生地の張り替えと、ぐらついている背もたれの修理のご依頼です。

修理前の状態 BEFORE香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】01a

香川県さぬき市内のお客様分【輸入品クラッシック風ダイニングチェアの張替え・修理】01b


このお客様はブログで私・藤澤の名前を見て仕事を依頼をくれたそうで、お邪魔するなり
「藤澤さんってもとは塩江(しおのえ)の出身ですか?」と聞かれました。
「はい。そうですよ。」
「じつはうちのおばあちゃんも藤澤で・・・」


その藤澤おばあちゃんに聞いたことを帰ってから父に話すと
「そのひとの親戚の●●って、うちも親戚なんぞ(笑)」
県内の人はよくご存知でしょうが香川県の藤澤は高松市(旧香川郡)塩江町上西(しおのえちょうかみにし)の出身者が多いのです。


塩江町上西の内場池(ないばいけ)西岸にあるうちのお墓の隣には、山頂から移設された(内場城は山城でした)藤澤氏の祖とされる藤澤藤新太夫のお墓と案内板が立てられています。雨の少ない高松の水がめとして内場ダムが作られたとき、水没する集落に住んでいた多くの藤澤さんも立ち退いたそうです。もしそのとき立ち退かれた方やその子孫の方々が県内外からふるさとが沈む内場ダムまで帰って来られたときには、平成三年に塩江町が設置してくれた案内板に藤澤家の由来が次のように書かれていますので見てみてください。

・讃州藤家の子孫大野新太夫有高の子光高がこの地(現在の塩江町上西内場のこと)に移り、内場城を居城とし、藤澤氏とした。(塩江町史より)
・以後、藤新太夫は屋島の源平合戦に同人と源氏方に味方して参戦している。(吾妻鏡より)
・全讃史によると、「藤新太夫は元暦二年(一一八五年)二月十八日屋島で戦死した」と記されている。墓石には元暦元年七月十三日と記されており、いずれが正しいか不明である。

三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】05

Category : 仕事
香川県高松市内のお客様分、三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼は本体の修理・塗装のあと
2つを残して無くなっていた元の取手つまみ金具に近いものを探して取り寄せました。

三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】05

このような座鏡の小引き出しに付ける取手つまみ金具は、製品自体が国内であまり作られなくなっているせいか最近あまり見かけません。よく目にする一般的な箪笥用金具だと大きすぎたりデザインがうまく合わないのです。

もしかして静岡周辺なら和風の小物家具や鏡台の産地だったことからまだ扱っている金物屋さん・メーカーがあるかもしれないのですが、この金具だけのために産地まで行くわけにもいかず(笑)。

当然ネットで探すことになったのですが、大手メーカーさんを10社以上探したあと、偶然オリジナル金具と同じデザインのものを京都のメーカーさんのサイトで発見!

しかしその価格が想定していた予算の何倍もしていたのです!何でも手作業で作られていた金具なので高額とのこと。それでも何十年も前に作られたオリジナルと同じ金具(巾だけが少し違います)が奇跡的に入手できるのもこの鏡台の修理用に残っていてくれたのかもと思って取り寄せました。



家具の修理・リペア・再生・リフォーム・改造・リメイクから
家具製作・デザイン・販売の状況を香川県高松市より発信中

(有)ふじ家具センター
香川県高松市香川町川東下606-6
TEL087-879-1009


レンタカーで出張

Category : 仕事
先日2トントラックのレンタカーを借りて大阪に行って来ました。
ときどき荷物が大きいときに借りる4トントラックはミッションでパワーもあって、タイヤも大きいぶん運転しやすいのですが、今回借りたトラックは2トンでオートマ車だったこともあって荷物満載すると上り坂ではあまり加速できませんでした。それでもエアコン・ナビ付きで僕がいつも乗っている軽トラックと比べると快適で長時間運転しても疲れることがありません。

昔は車も道も悪くて婚礼道具を納めに県外に行って峠越えができなくて困ったこともあったと父に聞いたことがありますが、今は本当に便利でありがたい世の中だと感じました。

明石海峡大橋
レンタカーで出張


【香川県さぬき市志度のお客様分】昔の古い一間箪笥のリメイク・修理の作業過程01

Category : 仕事
【香川県さぬき市志度のお客様分】
今回は昔の古い一間箪笥のリメイク・修理の作業のご依頼です。
K様、6月頃からお預かりしていたのに取り掛かりが遅くなって本当に申し訳ありません。

【香川県さぬき市志度のお客様分】昔の古い一間箪笥のリメイク・修理の作業過程01a


面材がはがれていたり、引出し前板の表面は玉杢を含んだ稀少な板を薄くしたものを貼ってあるため複雑に反り・縮みがおきています。
【香川県さぬき市志度のお客様分】昔の古い一間箪笥のリメイク・修理の作業過程01b


パネルに使われている広幅の無垢板は伸縮で割れ反りもかなり出ています。
【香川県さぬき市志度のお客様分】昔の古い一間箪笥のリメイク・修理の作業過程01c

このような半世紀以上昔に作られたタンスは現在のように既成品家具メーカーが量産したものでなく
戦前・戦中・戦後間もなくの資材や設備が十分でなかったであろう時代、その地域の木工所さん・建具屋さんなどが半ば受注生産的に作っていたのだと思います。

ですので地域地域で作り方やデザインに特長がありそれぞれに価値があるはずですが、住宅を新築・改装する際にそのほとんどは廃棄処分され、何でもない古いタンスに見えるものが実は世界に一つしか残っていないものだったりするわけです(笑)。

でも古いタンスを直したりリメイクして使いたいと仕事を依頼してくださるお客様は、そんな希少価値のようなものが大事なのではなく、ご両親やおじいさん・おばあさんの思い出の品だから使い続けたいという方がほとんどです。



家具の修理・リペア・再生・リフォーム・改造・リメイクから
家具製作・デザイン・販売の状況を香川県高松市より発信中

(有)ふじ家具センター
香川県高松市香川町川東下606-6
TEL087-879-1009


三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】04

Category : 仕事
三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】

塗装までできました。
三面鏡(座鏡)の修理・再塗装のご依頼【香川県高松市内のお客様の品】04

お盆期間になったので新しく取り寄せる金具部品や鏡が手配できていません。
そして塗装をしていて気付いたのですが、お客様が鏡をはずして長期間置かれていたあいだに木枠の一つがものすごく湾曲しています。はたしてうまく鏡をつけることができるのか心配です。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア