トーア社製TOA食堂椅子のぐらつき修理【香川県高松市内のお客様】

Category : イス・ソファー張り替え修理
高松市内のお客様からトーア社製食堂椅子のぐらつき(がたつき)の修理を依頼されました。
当社に持ち込まれたその椅子は、背もたれがグラグラになっていて、座るのも危険な状態。聞くところでは、座っていた方が椅子の後脚だけで(前脚を浮かせて)揺らす「ロッキング」と呼ばれる椅子にとって良くない使い方をされていたそうです。

設計関係の方とかなら一見して分かるかもしれませんが、この椅子はどちらかというとデザインが優先され強度面でデリケートさを持っています。なのでお客様には修理してもまたすぐ壊れるといけませんのでオリジナル仕様を変更させてもらうかもしれませんとお断りしてからお預かりしました。

※ここでお断りしなければいけないのは、この椅子は少しだけ強度面でデリケートな性格を持っていますが決して悪い椅子ではないということです。使い心地が良く、ご購入から20年経った現在もお客様にご愛用され続けているからこそ当店に修理依頼が来たのです!主材が楢材で国産品という、コスト高につくこのような椅子は今では量産品には大変少なくなっていますので当社としても大切に使っていってもらいたいと思う稀少品なのです。また皆さんに知っておいてもらいたいのは、壊れない椅子はないということ。木製椅子は乱暴な扱いをして打ち所が悪いと購入後すぐにでも壊れてしまうこともあるのです。昔と違って、壊れたとき修理にだしてもらえる椅子は珍しくなっています。中国製や東南アジア製の大量生産された椅子が安価に買えるからです。その意味で、今回のように椅子を大切にして修理に出してくれるお客様とその椅子は素晴らしい関係を築いているのだと思います。

作業はまず修理のため椅子を部品の状態に分解したあと、お客様が修理した?時のコーキング剤のようなものや、あとから入れたネジ、新旧の接着剤をすべて除去していきます。椅子がぐらついたり壊れたときは、できるだけ何もせず早めに当社や家具の修理が出来る専門店、メーカーに持ち込んでくださいませ。椅子は本格的な工具が無いと修理できません。お客様が安く済まそうとHCなどで買ってきた材料・工具で手を加えると、逆に椅子の状態が悪くなって修理代が増えてしまうことも多いのです。

トーア製食堂椅子のぐらつき修理【香川県高松市内のお客様】a

トーア製食堂椅子のぐらつき修理【香川県高松市内のお客様】b

後脚と座枠の接合部は、てこの原理が働いて一番力がかかる部分ですが、この椅子では後脚が背もたれと一体化したパネル状で厚みが20mmしかありません。その為2本のほぞ(ここでは木ダボ)が14mm程しか後脚に入っていません。それでもこの頃の接着剤は高性能ですから接着剤の層が切れるような衝撃や力を加えない限り問題なく使えるのだと思います。

そしてもしその接合が切れた場合も、この椅子には三角形の隅木が付けてあるのでダボ接合自体がはずれるまでの極端な破壊は防げるはずでした。 ※下の写真は修理後に写したもの(白い矢印が後枠材)
トーア製食堂椅子のぐらつき修理【香川県高松市内のお客様】c2

ところが、ここで背もたれと座枠のあいだに独立した部品として後枠材をわざわざ取り付けたことで事情が複雑になってきます(笑)。せっかく補強のための隅木を付けるのなら、この椅子のように間接的にでなく背もたれ材に直接つなげ、空いたところにだけ座板受け材を付けるほうが構造的に強いような気もするのですが・・。この椅子の弱点となったのは、独立して取り付けた後枠材が高さ方向のセンターに入れられたネジと接着剤塗布によって固定されていたことでした。写真のように天然木の寄せ木で作った曲面の背もたれと、それに合わせて加工された天然木の後枠材側の曲面は、新品の時には機械で寸分の隙間なく加工されてピッタリフィットしていますが、木目方向が違って柾目でもなく樹種も違っていて広い面積ですから、天然木本来の性質が出て、お互いが少し反ったりゆがんだり伸縮しているうちに接着が切れてきたのだと思われます。

そのようにして接着剤が切れてしまうと、残るは高さ方向中心部に打たれたネジ計3本だけが椅子の前後をつないでいるので、強く捏ねる力がかかると簡単にネジが背もたれからはずれたり、折れたりして最終的に椅子が分解することになったのでしょう。

このようにデリケートな設計の椅子なので、元のように修理してもすぐ同じように壊れる可能性が高いと思って仕様変更させてもらうことにしました。変更点は、独立した後枠材と背もたれとの接合がグラグラだったので、捩じれの力がかかってもグラグラしないようネジは高さ方向センター1本打ちでなく上下2本打ちにしたのと、新たに木ダボも上下に数箇所入れて接着力を上げ、面が接着切れしてもネジを折る部材同士の位置ズレが発生しないようにしてみました。

トーア製食堂椅子のぐらつき修理【香川県高松市内のお客様】c


クランプ工具で圧締することで強度を持った接着ができます。
いくら良い接着剤を使っても工具で圧着しないと接着する部材同士のあいだに隙間が出来てしまい、再使用してすぐに接着が切れグラグラになってしまう可能性が高いです。

トーア製食堂椅子のぐらつき修理【香川県高松市内のお客様】d


座面を取り付けて修理完了です。

トーア製食堂椅子のぐらつき修理【香川県高松市内のお客様】e


香川県高松市で椅子の張り替えや修理・再生をしています
〒761-1705
香川県高松市香川町川東下606-6
(有)ふじ家具センター
TEL087-879-1009


屋上の掃除

Category : その他
当社の建物の屋上で母親が野菜や花をコンテナ栽培しているのですが、容器から土がこぼれてあたり一面が普通の畑のような状態になっていました。
屋上の掃除a

母親としては床が土であるほうが自然な景色だし、植物にとっても容器の下やらまわりに根っこが張れて快適でしょう。また、薄く土を敷いた上に芝生を植えたりしたら断熱保温効果とかあって環境面でも良いのかもしれません。

でも、植物の根が防水シートの継ぎ目とかを動かしたり、土の中にいるかもしれない分解菌や常に湿った状態が、防水層の表面を劣化させるようなことがあるとややこしいなと思って昨日の定休日に土を取り除きました。

シートにとっては土の下のほうが安定した優しい環境で、直射日光や外気温差のほうがシートの劣化を早めたりするのかもしれません。掃除が終わってもどうもいま一つすっきりしない定休日でした(笑)。

屋上の掃除b


「BT'63」池井戸潤著 を読みました

Category : その他
近頃心に潤いが足りない気がして池井戸潤さんの「BT'63」を読んでみました。

BT’63BT’63
(2003/06)
池井戸 潤

商品詳細を見る

この人の本はハズレがないので、いざというときに読むのですが
今回もやっぱり大当たり!でした(笑)


こんな感じのボンネット・トラックや車が出てきます。






デザインが好きな車

Category : その他
個人的に古い車のデザインが好きな僕ですが
この動画(前半部分)を見ているとドライブしている気分になりました。



『「失敗学」事件簿』畑村洋太郎著を読みました

Category : その他
「失敗学」事件簿 畑村洋太郎著

「失敗学」事件簿 あの失敗から何を学ぶか (小学館文庫)「失敗学」事件簿 あの失敗から何を学ぶか (小学館文庫)
(2007/06/06)
畑村 洋太郎

商品詳細を見る


この本の書かれたあと福島原発、エレベーター、海外ツアー会社などの事故が繰り返されました。
僕自身も何か事故や失敗が起きたとき、自分のことは棚にあげて「事故や失敗は絶対にあってはならないことだ」と当事者への責任追及ばかりに終始してしまいがちです。でも本当に大事なのは、物事のリスクや怖さを正しく知って失敗や事故は常に起こり得ることとらえることや、次は自分が直接の加害者・被害者になるかもしれないと想定してみることのようです。事故や失敗が起きた時にそこから最大限学んで次の失敗を防げるようにしたいと思いました。

この本のなかの以下の箇所が特に印象に残りました。


逆演算とは、起こる可能性のある「最悪の結果」を先に想定し、それに至る道順を逆に探していく手法だ。たとえば、株の売買で一度に一千億円の損失が発生するとしたら、どんな原因がありうるかを考えれば、入力ミスは真っ先に思いつく原因だろう。


この世の中に、「絶対に安全」なものなど決してない・・・チェルノブイリ原発事故などを契機に、「原子力は怖い」という感情が広がり、「事故は起き得ない」と、絶対の安全性を標榜しないと運転させてもらえなくなった・・・現場の技術者たちは、見つかった損傷は安全性に影響を及ぼすようなものではない、と考えた。ところが、絶対の安全というからには小さな損傷さえあってはならない。だから隠した。


考え落としはないか。自分たちが最良と思って実施した対策に不十分な点はないか。巨大プロジェクトの責任者としてこうした失敗の恐ろしさを知っていた人だったからこそ、事故が起きてもうろたえなかったのだ。戸塚教授は何とも言えぬ不安感を心の中に抱きながら、何かことがおきたときに責任をどう取るかの覚悟を決めていた。さらに、トラブル時にこういう風に人を動かそうなどと絶えず頭の中で仮想訓練して対策を考えていたのだ。


内装リフォームしてました

Category : 仕事
昨日まで数日間、内装リフォームの現場に入ってました。
今回の現場で実感したのは体が完全に鈍ってしまっているということ(笑)。

初めてやる仕事が一つ入っていたこともあって完成まで予定より1.5日も余分にかかってしまいました。
当然その分だけ赤字になるのでガッカリなのですが、お家を建てた大手ハウスメーカーさんのリフォーム部門でも手が付けられなかった仕事を何とかやり終えたのと、お客様からとても喜んでいただけたので本当に良かったです!

※一部屋とかの小さな現場のリフォームで色んな職種にわたる仕事が重なり合っている場合、それぞれの職人が数時間~数日の仕事を段取り通り順番に入ってこなしていくのはそれぞれのスケジュール調整するのが大変困難ですし仕事量以上の日当がかかってしまいます。個人の家で駐車場が1台分で、お客さんが住みながらの工事となれば、賃貸物件や新築物件のようにガンガン人員を投入して工事するわけにいきません。そんなわけで家を建てたメーカーさんにリフォーム部門があっても今回のように当社にご依頼いただきました。(単に割りに合わない仕事という理由も大きいでしょうが・・)


数ヶ月前にアップされたもののようですが、今日はじめて見て感動した動画です!
これも大手自動車メーカーさんなどが量産したらスゴク安い値段で出来るのでしょうが、実際は色んな事情で作れなかったり思い付かない物なのでしょう。そうすると大手企業の出来ない面白いことが世の中にはまだまだ一杯あるのだと僕のような中小企業家も勇気付けられます!





【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2

Category : イス・ソファー張り替え修理
香川県高松市内のお客様からのご依頼頂きました海外製木製アームチェアーの修理・塗装が出来上がりました。

修理前の状態 BEFORE
前足の上部が大きく割れているのと、
座枠と柱の接合部が開いて椅子がグラグラしていました。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】a


きちんと修理するために部材に分解します。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】b


この椅子はがたつきがあったものをお客様が接着剤を入れて締め直したらしいのですが、部材の接合部の隙間が残ったままで十分締め付けが出来ていませんでした(矢印部分→部材が密着できず隙間が残ったために接着剤が山盛りになったまま固まっていました)。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】c


塗装をすべて落としてペーパーで研磨します。
※背板だけ色が違うのが分かりますか?実はここだけ成型合板製で表面にウォールナット材の突き板(天然木を紙のように薄くスライスした化粧材)貼りです。この突き板はふつう他の本体と共材(同じ樹種)に揃えるのですがそうなっていません。きっと他の製品と共通部品になっていたのだと思われます。この結果、オイル塗装の仕上がり色がきれいに合いませんでした。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2a


本体をクランプ工具でしっかり圧締して組み上げました。この椅子の座枠は対角にクロスしているのに対して、貫材は外周をつないでいます。つまり2種類の締め付け方向が存在するややこしい作りの椅子です。このようなデザインの椅子はクランプなどの工具を持っていない人にはきちんと組み上げることが出来ませんのでご注意ください。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2b


下塗りと木地着色が終わった状態。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2c


今回はオイル塗装での上塗りでした。樹種の違いから背板だけ濃い色になっていますが、オイル塗装は木地に浸み込ませ木肌本来の色を活かす塗装方法なので、塗膜を形成する一般塗装のように自由に色を調整できません。そういうわけで樹種の違いから色相は違っていますが色の濃さだけ極端に違わないよう塗り回数で調整しました。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2d


座面を付けて修理完了です。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2e


問題のあった前足上部の割れを直して座枠と柱の接合部もくっつけています。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】2f


香川県高松市から家具製作・デザインや家具の修理・再生事例を発信!
香川県高松市香川町川東下606-6
(有)ふじ家具センター
TEL087-879-1009


『アホは神の望み』村上和雄著を読みました

Category : その他
この本も有名なブロガーさんが紹介されていたので読んでみました。
『アホは神の望み』村上和雄著

アホは神の望み (サンマーク文庫 む 1-7)アホは神の望み (サンマーク文庫 む 1-7)
(2011/04/11)
村上 和雄

商品詳細を見る


この本で特に印象に残ったところは以下の箇所です。

答えが一つだけしかない、あるいは用意された多くの答えの中から正しい答えを選ぶ。こういう収束型の問題には、偏差値秀才が能力を発揮します。しかし、多くの学問で要求されるのは、収束型でなく拡散型の頭脳や研究です。それまでの定理や公式に当てはまらない未知の分野で、新しい答えを手さぐりしながら求めていく。自分で「問い」を発し、自分で仮説を立てて、成功と失敗をくり返しながら、研究を重ねていく。それは用意された答えを選ぶよりも、はるかに多くの思考力や創造力を必要とする作業であり、一つの回答を得るまでには時間もかかります。


環境の変化が心身の健康や能力に影響を与えるといいましたが、人間の場合、もっとも大きな環境は精神状態であり、心の持ち方が遺伝子のON/OFFにたいしてとても大きな力をもっています。どんな環境にあっても、心が「この環境はいい」と解釈すれば、それは自分にとっていい環境になると考えられるのです。


私のしたことは、「何も知らない素人がたまたま運よく成功した」ことになりますが、「何も知らない素人だからこそ成功した」ともいえます・・・よく勉強し、何でも知っている人は新しい試みにどうしても消極的になりやすいのです。知識豊富な者ほど、ものごとを否定的な視点から見る・・・いいかえると、できない理由を見つけることに関してすごく頭がいい。


【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】

Category : 仕事
先日、道具箱の塗装塗り替えのお仕事をくださったお客様から、
追加で木製アームチェアーの修理と塗装の塗り替えのご依頼を頂きました。

●引出し式道具箱の塗装塗替え http://fujikagu.blog22.fc2.com/blog-entry-705.html


このような椅子です。
前脚の上部が大きく割れています。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】a


椅子を部材に分解しました。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】b


この椅子はがたつきがあったものをお客様が接着剤を入れて締め直したらしいのですが、部材の接合部の隙間が残ったままで十分締め付けが出来ていませんでした(矢印部分→部材が密着できず隙間が残ったために接着剤が山盛りになったまま固まっていました)。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】c


この椅子の座枠は対角にクロスしているのに対して、貫材は外周をつないでいます。つまり2種類の締め付け方向が存在するややこしい作りの椅子です。
【海外製】木製アームチェアーの修理・塗装【香川県高松市内のお客様】d

このようなデザインの椅子はクランプなどの工具でそれぞれの方向に締め付けないといけないので、道具を持っていない人にはきちんと組み上げることが出来ませんのでご注意ください。



香川県高松市で椅子の張り替えや修理・再生をしています
〒761-1705
香川県高松市香川町川東下606-6
(有)ふじ家具センター
TEL087-879-1009



【オーダー特注品】ロッキングソファーチェアーの制作【揺り椅子】

Category : 製作品
香川県高松市内のお客様から(有)ふじ家具センターにご依頼頂きました特注オーダー椅子の制作の様子です。

本日やっと、特注でオーダー頂いていましたロッキングソファーチェアーが出来上がりました。
この椅子は、お客様が寝室で使われるロッキングチェアー(揺り椅子、ロッカー)なのですが、以下のような条件で設計・制作させていただきました。

●椅子の幅を最大限せまくすること
●脚先の湾曲レール(正確な部材名は知りません、笑)も可能な限り短く
●頭部を支えられるハイバック&ヘッドレスト付き
●布張りクッションであること
●肘の外側にポケットを付けること

実はこの現品は、部品の切り出しを既に終えた段階でお客様から仕様変更の申し出がありましたため、脚の角度や接合部が少しおかしい事になってます(笑)。※この現品は人が座ると椅子の重心が前に移るので、人が座っていないこの写真の状態よりもずっと角度が起きた状態になります。なので人が座ってかなり揺らしても後ろに転倒することはなく安全に使用できますが、一般的な既成品のロッキングチェアーを制作する場合は不特定多数の人が本来の目的外のものも含め様々な条件下で使用しますので湾曲レールの長さをもっと長くするか、カーブをゆるくしないと大変危険です。

【オーダー特注品】ロッキングソファーチェアーの制作【揺り椅子】2


【オーダー特注品】ロッキングソファーチェアーの制作【揺り椅子】1


【オーダー特注品】ロッキングソファーチェアーの制作【揺り椅子】3


【オーダー特注品】ロッキングソファーチェアーの制作【揺り椅子】4

今回は原型のないゼロからのオリジナル一品制作で、設計から制作の工程のいくつかが一発勝負のような仕事になってしまいました。デザインや仕様についてまだまだ改善の余地がありますので、いつか時間を作ってこのチェアーを原型に定番品のロッキングチェアーを制作したいなあと思います。


香川県高松市で特注オーダー家具・椅子の制作・デザインをやっています!
香川県高松市香川町川東下606-6
(有)ふじ家具センター
TEL087-879-1009


検索フォーム
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア