ジェームス・クレノフ著 『木の家具 製作おぼえがき』

Category : その他
先日この本を読み返していました。
ジェームス・クレノフ著 三ツ橋修平訳注
木の家具 制作おぼえがき」
中井書店

この本の入手先へのリンク↓
ジェームス・クレノフ著 『木の家具 制作おぼえがき』 中井書店

※僕は原書が読めないのでこの日本語訳版を買いましたが、訳注がとても丁寧ですばらしいのでお薦めです。

ジェームス・クレノフ著 『木の家具 製作おぼえがき』表紙

ジェームス・クレノフ著 『木の家具 製作おぼえがき』中身


この本の以下のような箇所がとりわけ印象的でした。

工芸家として個人で制作する人、とくに機能的なものを作る人について、最も共通して推定できることの一つは、その人が他の生産形態と競い合っているということだ。たとえば、製造業者であるとか、小規模の製造業者であるとか、半ば工業化された工芸家などとである。彼らは同じ種類のものをいくつか作り、そしてある意味で標準化された生産を行っている。私は競合の要素に悩まされることは一度もなかった。なぜなら始めた時から私は、木材はたいへん豊かな啓示感と美しさとリズムを内包しているので、もし正しく使われれば、それはそれぞれ別個の、独自のものに結実するだろうと思っていたからだ。私はこの、木材と道具との親密な関係に入り込み、幸福だった。そしてこの状態が、私の指先と私の眼(最もすばらしい道具たち)によってなされる制作が、手や眼やすべての感覚に対してそれぞれに、見えるものとなり、触れ得るものとなるのだということを確信させてくれた。実のところ手遅れになる前に何とかこのことを悟ったがために、私は、拠って立つ大地、すなわち自分であることの意味の始まりを見出すことができた。


書物は十分でない。書物は膠着状態を生み出しがちだ。直感的な人間は柔軟なままでいなければならない。定規は紙には適するが、木材には適さない。この問題は、工芸教育やデザインを論じる場ではいつものことだ。製図を学び、物の形や小さな一点の機能を予言するように言われる。そういうやり方でひとまとまりにできる人々ならば、それで良いだろう。だがそうでない人々にとっては、デザインとは―図面を描いたり、何かを考案したり、予言したりということは―感じることを犠牲にして、また自分自身の方法での行きつ戻りつの取組み方を犠牲にして行われるものだ。


食堂椅子の張替え【香川県高松市内のお客様】

Category : イス・ソファー張り替え修理
このごろ食堂椅子の張替えの仕事が続きました。
お盆でお孫さんが帰省されたお家や他の要因があるのかもしれません。

この椅子を持ち込まれたお客様は、早い仕上がりがよいとのことで
手持ちの在庫生地のなかから選んでいただきました。
食堂椅子の張替え【香川県高松市内のお客様】a


こちらの椅子はミキモク製でむかし当店から買ってもらったもの。
タイ工場生産品ですが15年くらいたってもまだまだしっかりしています。
海外で量産された木製椅子でも、日本メーカーさんの現地工場だったり長年確かなノウハウを積んだメーカーさんで作られたものは、ただ安いだけで無責任な製品とは違って、つくりが良いものも多い気がします。
もちろん日本製で値段がしても余り良くないもの、海外製で安くても良いものもいっぱいありますが・・
食堂椅子の張替え【香川県高松市内のお客様】b


食堂椅子の張替え【香川県高松市内のお客様】c


香川県内、高松市内での椅子の張り替え・再生事例をご紹介しています。
(有)ふじ家具センター
香川県高松市香川町川東下606-6
TEL087-879-1009


椅子試作2回目終了

Category : 仕事
きょう何とか2回目の椅子試作が終わりました~。
前回書いたように、まだまだ悪いところがありますが
何とか50点くらいのところまで来たのではないかと思っています。

これが2~3日放置すると少し客観的に見られるようになって
もっと点数が下がるのでしょうが、どうしても自分の作るものは
思い入れが強くて、まともに評価できません~。

今回、通常高さの椅子とカウンター用の2モデルつくったのですが、
あともう一つ別の椅子のフレームデザインで悩んでいます。
自分の力以上のものを作ろうとするのでなかなか上手くいきませんが
オリンピック選手のことを考えると僕もちゃんと仕事しないといけないと
思いました。

椅子の試作2回目大詰め

Category : 仕事
お盆前から先月試作した椅子の二回目の試作をしています。

昨日は座面と脚の加工が終わって、
脚の削り方とか角度とかいろいろ不満な点は見つかりましたが
それは次に作るときには直せることなのでそれほど気にならず、

それよりも全体としてすごく良い椅子ができそうなことに
とてもうれしい気持ちで今日を迎えたわけですが・・

今日、昨日からの良い流れで背もたれまで仕上げるつもりで
その前に座面と脚の接合部を削りだしていたら
何だか全然ダメな形に成り下がってしまいました(泣)

きのう90点くらいの良い感じだったのが、
今日一日必死でいじっていたら30点の作品に(笑)

子供のころテレビで焼き物作家さんが
窯出しして気に入らない壺や器をどんどん割ってしまうのを見て
自分で作った物なのにもったいないし不思議だなあと思っていたけど
この歳になってやっとその気持ちがわかりました。

でも僕は壊すかわりにいったん仕事をやめて、気に入らないままでも
あした一応最後まで形にして最終バランスを確認することにしました。
そのあたりは大人です(単にケチなだけ)。

しかし、先日ある木工作家さんのブログを見ると新作椅子を3日くらいで作り上げていた!
ぼくのこの椅子2年経っても出来てないんですが・・
いじればいじるほど訳分からなくなってますし(笑)


カリモク製アームチェアーの張替え【高松市内の施設さま】2

Category : イス・ソファー張り替え修理
カリモク製の肘付き椅子の張替え第一弾ができました。
カリモク製アームチェアーの張替え【高松市内の施設さま】2

施設さまのご都合でシンプルグレードの合皮に張り替えました。
布張りの風合いや肌触りの良さが無くなったのは大変残念ですが、ご予算や用途上での必要性があってこの生地に決めていただきました。


今回は画像のような合皮で決めていただきましたが、もう少し高価な生地や布地など、椅子張り地メーカーカタログ からお好みで選んでいただけます。(数百種類×数色~百色の色展開)

椅子張り専用の生地は、一般生地に比べ、耐久性や防炎性ほか 環境基準にも高度に適合していますので安心です。 張り地の種類は、布・合皮・革・ペーパーコード等を取扱っています。

カリモク・マルニ・コスガなど国産椅子の張り替え事例が多いですが、 海外メーカーさんの椅子・アンティーク椅子・他店で購入された椅子も よろこんで丁寧に修理させていただきます。


香川県内、高松市内での椅子の張り替え・再生事例をご紹介しています。
(有)ふじ家具センター
香川県高松市香川町川東下606-6
TEL087-879-1009


「ニセモノ師たち」中島誠之助著を読みました

Category : その他
先日ある方のブログで紹介されていた
『ニセモノ師たち』 中島誠之助 著
を読みました。

ニセモノ師たち (講談社文庫)ニセモノ師たち (講談社文庫)
(2005/07/12)
中島 誠之助

商品詳細を見る

この本の次の部分が特に印象に残りました。

詳細な研究論文まで書けてしまうぐらいの勉強を親子二代にわたってしている人がいます。そんなにまで研鑽を積んでいながら、その親子が持ってくる品物は全部が全部、新物をわざと汚したニセモノばかり。
 あんなに立派な論文が書けるのに、親子そろってなんでこんなに目筋が悪いのか、そういうことはしょっちゅうあります。きっとその親子は、物を見立てることよりも論文を書くことに長けている血統を持っているんでしょうね。

「開運!何でも鑑定団」を見ていても、もっともらしくウンチクを語る人ほど一目で違うとわかるニセモノ(僕が見て分かるくらいですからそんなものはニセモノ以前の全くの別物でしょう)を買わされていたりします。品物を直接見たり感じたり出来ない人ほどウンチクや他人のものさしに頼って、その知識で品物を間接的に評価しようとするのでしょうか?

この著者はホンモノなので(笑)他の本も読んでみようと思います。

アホや~

Category : 仕事
きょう椅子張り替えの生地を切り出していました。

同じ型をたくさん切り抜いていたので、
こんな時にメーカーさんなどが使うクリッカーや抜き型があればいいのになあ
と思いながらも何とか作業を終え、生地を撮影。
椅子張替え用に切り出した生地

先日頂いてから一度も使ってない機械の上で撮影したのですが・・

あれっ?
この機械って・・

はい。

この機械こそ、クリッカーとは違いますが今日の作業にピッタリの
たくさん重ねた生地から必要な形を一度に切り出せる機械でした~!

これです↓
裁断機の設置01
せっかくの機械なのできちんと用途を覚えて
錆付かないよう活用していこうと思いました。

カリモク製アームチェアーの張替え【高松市内の施設さま】

Category : 仕事
きのうからカリモク製アームチェアーの張替えにかかっています。
まずは生地をはがして木部を掃除したあと補修塗装しました。
カリモク製アームチェアーの張替え【高松市内の施設さま】

高松市内の施設さまの椅子でこれから何回かに分けて張替えさせてもらいます。
このくらいの椅子は作りもきちんとしていてまだ何十年も使えると思います。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア