セパレートソファーの張り替え修理

Category : イス・ソファー張り替え修理
10年ほど前に当店で買ってもらった既製品ソファーセット(大分・日田メーカー製)の
生地の表面がはげてバネもおかしいようなので直して欲しいとのご依頼でした。

生地はロイヤルソフトレザーというとてもしなやかで柔らかい生地でしたが
発泡層から表層が剥離しているので、柔らかくてももう少し耐久性のある生地で
張り替えし、その時バネまわりも点検・修理することになりました。

お預かりした時の状態。
BEFORE
セパレートソファーの張り替え修理01

張り替え修理後
AFTER
セパレートソファーの張り替え修理b

■今回の修理内容は以下のとおりです。

 ・ソファー2点の生地張り替え(国産高品質合皮)
 ・詰物(ウレタン)の入れ替え・補充
 ・バネ周りの補修・補強

■今回の修理代金は2点で55,000円でした。
 (※同級生で昔からずっとお世話になっているお客様だったので材料販売価格《手間賃サービス》にしています。通常このような型取りや縫製に手間のかかるデザインのソファーの張り替えは代は一般的な直線的デザインのソファーより高くなります)


ソファーの張り替えはダイニングチェアーの座面の張替えなどと比べると桁違いの手間と材料が必要です。
本格的な修理の場合、何も無いところから新品を作るよりも手間と日数がかかります。

ですのでソファーの張り替えにつきましては、そのソファーを本当に大切に思って長く使いたいという人にはおすすめですが、買い換えるより安いなら張り替えようかという方にはおすすめできません。海外製のソファーは1万円台から売られているからです(笑)。




『以下、修理過程の写真です』

セパレートソファーの張り替え修理a
よく使う部分の生地表面がはがれて詰物がへたっているのがわかります。


今回は生地の張り替えだけでなくバネ周りも点検修理するため
詰物のウレタンも全部はがして調べました。
セパレートソファーの張り替え修理02


新しく張る生地(合皮)にパーツの形を写して裁断します。
セパレートソファーの張り替え修理03


各パーツを縫い合わせて各ソファーのシート部分・背もたれ部分・
背面から側面の部分が縫いあがりました。
ソファー張り替え用側地の縫製までが完了


へたっているウレタンは交換したり追加張りしてもとの状態に近づけます。
セパレートソファーの張り替え修理05


生地を張って完成です。
セパレートソファーの張り替え修理c
新しく張った生地はもとの生地より少ししっかりしているのと
詰物がまだ張っているので皺の入り方が大きな波になっています。


セパレートソファーの張り替え修理06

Category : 仕事
ソファーの張替え修理、やっと出来ました。
新品同様とまではいきませんが、ある程度まで修理できたと思います。

セパレートソファーの張り替え修理06

ただ、元の生地より少しだけごわごわした生地(というより元の生地が極端に柔らかでした)なので、張り上がりも皺の部分はオリジナルより大きな波になっています。今回張った濃い目のブラウン色の生地はお客様が選んでくれたものですが木部と微妙な色関係になるし、丸くかなりボリュームのある形なので少しだけ不安もあったのですが、張ってみると大丈夫だったのでホッとしました。

セパレートソファーの張り替え修理05

Category : 仕事
きょうはソファーの詰物層を入れ替えたり、足したりしました。

セパレートソファーの張り替え修理05

あとは側地を張って外している部品を付ければ完成です。
本当は今日終わらせるつもりでしたが、時間が少し足りなかったのと
集中力が切れてしまったので明日張ろうと思います。

セパレートソファーの張り替え修理04

Category : 仕事
エアーソファーの空気が抜けてしまった(笑)
というのは嘘で、張り替え修理中のソファーの側地がぬい上がりました。
ソファー張り替え用側地の縫製までが完了


この段階ではしわしわですが生地の裏に綿付けをしたり
本体の詰物を追加入れたり変形したものは交換したあと
本体の枠にホッチキスに似たステープルという針で張っていきます。

まだまだやるべき工程がたくさんあるのですが
予定よりだいぶ遅れているので時間を取って集中的に進めようと思います。

「讃岐うどん味めぐり」うどんバスツアー景色編

Category : 香川県
「讃岐うどん味めぐり」ぐるりんつるりん・うどんBUS
うどん屋さんの様子は先日の記事で紹介しましたが
うどんめぐりの旅の楽しさはロケーションを楽しむことでもあると思うのです。

一軒目の「町川うどん」さんへは
こんな景色を眺めながら山を越えて行くと
町川うどんへの道

こんな場所にありました。
町川うどん・立地


二軒目の「がもううどん」さんがあるのもこんな場所!
この写真の真ん中あたりにあります。
がもううどん・立地

お店ということからすれば信じられないような立地ですが、
こういう逆境?も逆手に取って繁盛していて尊敬します。
お店の外で景色を見ながら食べるうどんはとても美味しいです。
がもううどん・駐車場からの眺め


3軒目の「日の出製麺所」さんは坂出駅に近い市街地にあるのですが
そこへ行く途中の峠から工業地帯や瀬戸大橋が見えました。
金山トンネル手前の眺め


「うちわの港ミュージアム」は丸亀の港に建ってます。
すぐ近くに江戸時代こんぴら参りの船が着く目印になった大きな石灯籠があります。
丸亀うちわの港ミュージアム立地

丸亀港


最後の「琴平・中野うどん学校」へいく途中で丸亀城が見えます。
このお城、天守閣は小さいですが石垣がとてもきれいで有名だそうです。
バスから見た丸亀城

この山のふもとの善通寺で弘法大使・空海さんが生まれたそうです。
※写真を撮り間違えてたらすいません。ほんまに香川県民か?(笑)。
琴平へ向かう途中

そして金刀比羅宮の参道入り口に着きました。
この日(9月21日)は台風通過中で川が荒れていましたが、
僕以外は県外から来られたそうで、走るバスもバスですが
乗ってる僕ら乗客も、多分まともな感覚の持ち主ではありません(笑)
もうこんぴらさん手前の川

「琴平・中野うどん学校」はこんぴらさんの参道にあります。
こんぴらさんの参道
この道を進んでどんどん登っていくと金刀比羅宮(金毘羅さん、こんぴらさん)です。
階段が多いのですが、ここまで来たらお参りしないともったいないです。
この少し上にある金毘羅歌舞伎の金丸座(現存する日本最古の歌舞伎座)も見所です。


※この日はちょうど台風通過中で日差しが少なく写真が暗くなっていますが
実際の景色は写真よりずっときれいです。また香川県は温暖で雨の少ない気候で
うどん巡りに来られても晴れていることが多いと思います。

讃岐うどん味めぐり・うどんバス

Category : 香川県
きのう
「讃岐うどん味めぐり」ぐるりんつるりん・うどんBUS
という有名うどん店と観光地を回るバスに乗ってきました!

このバスは9月17日から運行が開始されているのですが、ほぼ1日、有名うどん店と観光地を回るコースの乗車運賃が大人1,000円、子供500円。(※うどん代やお土産代は実費必要)
全部で3種類のコースがあるのですが今回僕が乗ったのはBコース(緑のバス)
讃岐うどん味めぐりBコース専用バス

  コースや曜日によって行くお店や到着場所が違うようなので、
  琴参バスのページで確認してください → リンク


このコースはJR高松駅のバスターミナル14番乗り場から出発でした。
乗り間違いようの無いラッピングバスですし、添乗員さんもいて
教えてくれるので県外から来た人も安心して乗られていました。


まず、はじめに行ったのは「町川うどん」さん。
町川うどん・お店外観

僕はおすすめの天狗うどん(味噌だし)小530円を食べました。
具沢山でニンジンが天狗の顔の形になっていたり、手間のかかったうどんです。
見た目よりあっさりしていてみそ味も美味しかったです。
町川うどん・天狗うどん



2軒目は「がもううどん」さん。
(Bコースでも木・日曜は「山下うどん」さんになるようです。)
がもううどん・お店外観

がもうさんでは、かけ小+ちくわ=210円を食べました。
がもううどん・かけ小にチクワ天のせ



3軒目は「日の出製麺所」さん。
ここでは釜玉の小150円を食べました。
すごく混んでいたのと3軒目でお腹がきつかったのですが
できればもっとたくさん食べたかったです。
日の出製麺所・お店外観


しかし3軒あわせても890円。
恐るべき安さです(笑)


その後、坂出から丸亀に移動して「うちわの港ニュージアム」を見学。
丸亀・うちわの港ミュージアム

ここは以前もきたことがあったのですが、今回きてみると
瀬戸内国際芸術祭で男木島に飾られていたうちわの骨を組合わせた展示物や、デザイナーの人がデザインしたうちわなど新しいものがたくさん展示してあって楽しめました。


そしてこのツアーの最後は、琴平の「中野うどん学校」。
中野うどん学校・琴平

僕はここでうどん作り体験をして、自分がこねたうどん玉をもらって帰りましたが、このうどん学校は金比羅宮(こんぴらさん)の参道にありますので、金比羅さんにお参りする人は先にお参りに行かれたほうが良いようです。


それにしてもこのツアー、とてもうまく計画されています。
僕が自分で車で運転してもここまで上手く回れないのでないかと思います。
※実は上記以外にも鎌田醤油さんなどにも立ち寄っています。

僕が県外からの観光客なら2泊3日でA・B・Cコースに順番に全部乗って
移動料金を浮かせ(ガソリン代・レンタカー不要なので1~2万円は得するのでは?)
香川の有名うどん店&観光地を回るのですが出来なくて残念です(笑)

セパレートソファーの張り替え修理03

Category : 仕事
きょうは張替え用の生地が入荷したので
パーツの形を写して裁断・縫製にとりかかる予定でした。

ところがこの椅子2脚分ということもあってパーツが全部で45個あり
のろのろしてたら裁断までしか出来ませんでした~(泣)

セパレートソファーの張り替え修理03
※シビアな割り付け

完成までにまだかなりの日数がかかりそうですが現段階で既に赤字確定。
ソファーの張替えはどうしてもという場合だけお受けしないようにしないと
とんでもないことになります!

食堂イスの張替えのほうは少し利益が出るので
いくらでもお受けできますよ(笑)

レッドカーペット

Category : 仕事
実は去年から店舗のカーペットの一部が擦りきれていたのですが
今日そこをはり替えていました。
レッドカーペット
部分張り替えは象嵌細工のように新しく敷くカーペットを既存のカーペット面に埋め込むような作業になります。
最初生地を位置決めしたら生地が動かないよう幅の真ん中だけ接着して、その後両耳部分は重ね切り(ダブルカット)して不要な切れ端を取り除いて埋め込む時に端部分の接着剤を入れました。本当はもっと利口なやり方があるはずですが知らないので時間をかけてやりました。

今回使った材料ですが予算の関係で手持ちのものを使いました。
これは結婚式場さんから注文を受けて取り寄せたものの
キャンセルされた材料のうちの最後の1反です。

本当ならバージンロードになっていたはずの高品質材料です!
って縁起が良いのか悪いのかよく分かりませんが(笑)
ともかくこれでまたしばらく行けそうです。

しかし、お客様のところで仕事するのと違って
自社の工事って全然テンションが上がりません。

→続きを読む

セパレートソファーの張り替え修理02

Category : 仕事
張替え修理中のソファーは現在こんな状態になってます。
セパレートソファーの張り替え修理02


一般的な張り替えではここまで分解しないで表層の発泡ウレタンだけ追加するか交換して新しい生地を張るのですが、今回お客様がバネの異常が感じられるとの事でしたのでバネのヘタリや破断、バネ固定部分・連結部分のはずれなどが無いか調べました。

幸い?バネまわりに悪いところは無かったのですが、すると違和感があった原因は微妙なヘタリやゆるみが複合的に絡んだため?といった推測をもとに対応するしかなく、かえってややこしいです。とにかく全ての要素に手を入れて違和感無く座れるように仕上げて行きたいと思います。

セパレートソファーの張り替え修理01

Category : 仕事
10年くらい前に買ってもらったコーナータイプ応接セットのうち
現在良く使われている2点の張り替え依頼をいただきました。

この商品、当時すごい人気で当店もよく売ったのですが
張り地はロイヤルソフトレザーという合皮張り。
セパレートソファーの張り替え修理01


この生地は肌触りがたいへん柔らかなのにすべりにくく
表面が強くて引っ掻き傷などが付きにくいという
優れた機能を持った生地だということもあって
子供さんやペットのいるお家に人気でした。

でもこうやって張り替え依頼が来る商品を見てみると
合皮特有のメッシュ状の基布?とその上の発泡層との間で層間剥離が起きています。
同じような事は発泡度合いの大きな天井用などのビニールクロスでもおきます。

やはり肌触りの良さや快適性と商品の耐久性は相反することが多いので
この生地の場合も長年使うとこうなってくるのでしょう。
※安い生地だと新品のうちから少し触っただけではがれるものも
当時たくさん出回りましたが、この生地はそのような粗悪品とは違って
少なくとも数年間は快適にちゃんと使えるものです。

ソファーも応接セット(来客用)からリビングソファー(家族用)に変わり、
昔と違って肌触りの良さが求められるうえに毎日使うので傷みやすいのですが
専門店が薦めて売る家具は10年くらい剥がれないで持つ生地でないといけない気がします。
これは合皮だけでなく天然皮革でも柔らかさや肌触りばかり強調して耐久性が短いものが
国産の有名メーカー品でも少なくないので、ソファーを買うときには何年くらい持つ品物か
聞いて(但し正直な人から)から買うと間違いが少ないかと思います。

今回の張り替えにあたっては、肌触りが少し劣るものの耐用年数の長いと思われる生地で張り替えてもらいます。このようなソファーも張り替え代はかかりますが(ソファーの張り替えは食堂イスの場合と違って大変手間がかかる仕事です)何度でも張り替えして使えます。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア