今年も有難うございました!

Category : 仕事
今日は修理品のくり棒の形を習っていました。
僕はこれまでなだらかなラインの棒しか作ったことが無くて、このように線を入れてでこぼこさせた棒は練習しないと作れません。慣れれば何のこと無いのでしょうが最初だから刃物の当て方や角度が難しいです。

切れない刃物で無理矢理削っていたら刃が材料に「ガッ」とくい込んで欠けてしまいました。
形がうまく習えていないのも良くわかります(笑)
20101231

まずは刃物がちゃんと研げないといけませんね!

今年もいろいろやり残したり十分な事ができませんでしたが、それにもかかわらず皆様には大変お世話になりまして本当にありがとうございました。

どうかよいお年をお迎えください~!

新年は1月3日(月)から営業いたします。
※1月5日(水)は定休日になります。

椅子の分解

Category : 仕事
修理中のこの椅子、何とか部品まで分解できたました。

分解前
20101225d

分解・塗膜除去後
20101229

くり棒部品の塗装を落とすのに分解出来るのと出来ないのとでは必要時間が全然違います。
もし分解できなかったら機械(旋盤やボール盤など)で回転させて作業できないので塗装落としに1日は余計時間がかかったと思います。

何はともあれこれで分解作業を終え、これから椅子に戻して行きます。
きのうお客様に詰物が藁であったことを報告すると、藁による復元的な修理でなく新たにウレタンを詰めることになりました。藁の詰物は自然素材で環境負荷が少なく今また見直されるべきものかもしれないものですが湿気を含んでしまったとき離しにくいとか自然素材だけに虫が付きやすいとかの点でお客様が不安なようでした。実際フレームの藁と接する面が湿気ていて一箇所虫食いがありました。

ただ畳でも藁たたみを選ぶ人があるように何にも都合の良い面とそうでない面がありますのでどれを選ぶかは説明の上でお客様が判断されることだとおもいます。

椅子の整形

Category : 仕事
修理中のソファーチェアーはもともと安楽椅子(イージーチェア)なのですが
お客様の生活の中でこの椅子を活用するため肘が書斎机の中に入るよう改造しています。

肘を低くしたのと背もたれれから肘にかけてつながるように元の部品を加工して新たに木を足しました。
それとお客様がぼったりしたデザインなので締りが欲しい・重くて使いにくいとのことでしたのでできるだけボリュームを削って、持ち運びが楽になるよう肘木の外側に木を付けて持ち手になるようにしました。ここの改造は変更後の張り地の特徴や一部鋲止めにという仕様変更に良いのでないかと思っていたのです・・

変更前
ソファーチェアー修理4

変更後
20101228

ところがあとで生地を当ててみて分かったのですが背から肘にかけてこんなにえぐれているラインって生地がしわになってきれいに張れない雰囲気なのです!何とかしないと(笑)

もう一つの椅子

Category : 仕事
修理でお客様からお預かりしている椅子。
この椅子は塗装の塗り替えと座面生地の張り替え・肘材がねじれているのを直します。
20101225a

この椅子、誰がいつ頃作ったものなのか僕にはわかりません。人気デザイナーの椅子とかと違ってメーカー名も型番も製造年も何一つ印されていないたぶん無名の椅子なのですが何だかとても味があります。

れっきとした西洋風椅子のはずが、ちょっと線彫りを入れたりするだけで日本の椅子になるところがすごい(笑)

この椅子も先日のソファー同様の回転式で、スクリューチェアー用のネジ切りされた鉄棒と受け部品のかみあわせにガタがきて使えなくなっていました。それと過去に修理をしていることがわかります。
20101225b


生地をはがすとズックの上に綿が入れてありその下は藁の詰物で周りにどてが積んであります。
20101225c


生地をはがし終えて木枠だけに。肘のよじれを調整しないといけないので壊さないで分解可能なら部品単位まで分解していこうと思います。
20101225d





家具医?

Category : 仕事
きょう以前から預っていた1人掛け回転ソファーチェアーの修理・改造・生地張り替え作業にとりかかりました。
ソファーチェアー修理1


一見したところ悪いところがあまりなさそうに見えるのですが、もともと重量のあるソファーだけに足回りに相当ガタがきていて動かすたびにフラフラよろけてしまうのです。

さっそく裏返して見てみるとフラフラする症状の原因は回転機能用にネジ切りされた心棒と受けの磨耗にあることがわかりました。ところが現在では同じタイプの部品が手に入らないので回転機能を維持するためには足回りを大幅に改造しないといけません。

そこでシート生地の張り替えを先にやることにして生地をはがしていくと・・

詰物層は全部交換しないと劣化していて使い物になりません。
ソファーチェアー修理2


おまけにコイルバネも中央前方のものが金属疲労で折れてしまっているのでバネユニットも全部交換しないといけません。
ソファーチェアー修理3


結局元のソファーのうち使えるのはシートの木枠だけに。
しか~し!今回お客様のご要望でこのソファーをもっと使いやすくするため肘の高さを低く改造しないといけないのです。そのためには左右の肘を下げたうえ背もたれから肘にかけて下がってくる部品は作り直さないといけません。
ソファーチェアー修理4


つまり元のソファーの部品で使えるのはシート部分の外からは全然見えない木枠の8割位だけなのです。

合理的な考え方をしたならこのソファーを労力をかけて修理するより、あまり良いものでなくても海外で量産されたお手頃価格のソファーを新しく買ったほうが経済的ってなります。また当社で同等品を新らしく作ってもコストは修理する場合とあまり変わりません(修理の場合は新たに作るより作業時間がかかるため)。とくに今回のように元の家具の残せる部分が少なくしかも外見上確認できない場合はたして修理する意味があるのでしょうか?

先日最終回を迎えたドラマ「獣医ドリトル」を見ていたらその答えをドリトル先生が教えてくれました。

瀕死のけがをした飼い犬に500万円と言う高額なお金を払って助かるかどうかわからない難手術をすることを選ぶのか、一般的な判断として安楽死を選ぶのかというテーマでありました。

もちろん500万と言うのはいくらなんでも極端ですし命ある動物と家具とでは違うかもしれませんが、もし同じように考えるとお金がかかっても家具を修理してと当社に依頼してくれるお客様は家具の外見だけでなくその家具の使われてきた歴史というかそれまで家具と過ごしてきた御家族の記憶のようなものを残されたいのではないかと思います。

僕は浅はかな心配をするよりちゃんと集中して仕事をしないといけません(笑)

宇宙うさぎ

Category : 仕事
きょう次に修理する椅子のくり棒?を削る練習をしていて、
偶然にも来年の干支の宇宙うさぎ(耳が無いし目が赤いだけでうさぎって無理ですか?)が出来あがりました。
20101219

ご希望の方にはこの宇宙うさぎ餅つき棒をお譲りいたします(笑)

これ本当のくり棒職人さん?が作ると2~3分でメリハリの利いた美しい形の棒ができるのですが僕のは締まりのないメタボなくり棒です。もっと練習してちゃんと売れる物がつくれるようにしたいと思います!


大根

Category : 仕事
昨日からスツールの脚を試作していました。
しかし何度やっても自分の身体的特徴が反映されるのかスラッときれいな形になりません(笑)仕方ないので座面本体も大根デザインに路線変更することにして必要な分だけ作りました。

写真左側は失敗作の数々で今夜のおでんに入る予定
20101217

危機一髪

Category : その他
先日軽トラックで家具を配達途中、T字路で信号待ちになり青信号に変わったので右折していたら大きなダンプが猛スピードで僕の軽トラのすぐ後ろをまっすぐすり抜けていきました。

?何か変 ?

ピンチの瞬間特有のスローモーションな時間のなかでダンプはその勢いのまま去って行ったのですがバックミラーで何度確認してみても直進車線の信号は

信号待ちして青になってから右折したので本線側が直進できるはずないです。

でも相手側が信号無視したんだといくら確認しみたところでダンプカーは現実に赤信号でも突っ込んで来たわけで、あと少し遅かったら軽トラの右側に突っ込まれ僕は車もろともぐちゃぐちゃになっていたでしょう。

SPECファンの僕だから間一髪のところで一十一君が救ってくれたのかも知れません(笑)

角ノミ盤

Category : 仕事
僕が1年半前に木工を始めた頃最初に譲ってもらったのが角ノミ盤という機械。
この機械があれば四角い穴が早く正確に開けられるということでスッゴイ機械だなあとずっと尊敬してきたのですが、今日スツールの座板に穴をあけようとして、この機械は丸い輪郭の材料を台に固定出来ないという弱点を思い出しました~!

この角ノミ盤に付いている万力のような部品は角材固定用で丸いものには使えないのです。

以前別の記事で使った画像ですが最下部に万力のような部品が写っています
角鑿盤before
※日本の機械や道具って木工用ではなく建築用に設計されたものが多いようなのです。


今までは下の画像のようにクランプを使えるよう穴のあいた台を載せたりしていたのですが
20090806b


今回は丸い板を何枚か加工しないといけなかったので
余っていたネジ棒とかを使って材料を押える部品を作ってみました!
20101209

これで何とか丸い材料とか輪郭に対して斜めに穴を開ける時も楽に固定できるようになりました。
でもドグルクランプ?とか何とかいう部品を付けたりするとハンドルを下げるだけでワンタッチで強力に材料が固定できてもっと便利になると思います。



注文家具レンジ台

Category : 仕事
お得意様から急ぎで依頼されていたレンジ台が出来ました。

流し台(コンロとして使用していないコンロ台?)の上に置いてオーブンレンジ等家電品の台となり、下の収納部分にはこまごまとした物を収納出来る家具ということでご注文いただきました。
20101207a

色やデザインは流し台に合わせて、
そして収納部は隠す収納でというご要望でした。

奥行きが深い収納なので引き出しにすれば便利なのですが、この家具は設置した時の高さが肘よりかなり高くなるので引き出しにすると前板が邪魔になって使いにくくなってしまいます。

そこで1アクションで使える収納にならないことをお客様にお断りした上で、下開きのフラップドアを開けてからスライド棚を引き出して使う2アクションにさせてもらいました。(引違い戸や巻き戸、戸を天板下にすらし込む方法とかもっと良い選択肢があるのかもしれません)
20101207b


とにかく急ぎだったので図面も描かずに作っていたら扉がゆっくり降りるように制御する部品が邪魔してスライド棚が出て来ません(笑)
20101207d


スライド棚の幅を削ってその幅の板を付けると出てくるようになりましたがその分収納スペースが減りました。
20101207c


今回家具の奥行きが55cmと深かったのと全面メラミン化粧板で仕上げたこと、金具も丈夫なものを使ったので一般的な仕様の場合よりコストがかかりました。

製品サイズ:巾154×奥行55×高さ42cm
価格:5万円
※人工素材の家具でも表面材の種類や芯材の種類、使う金具によって価格は変わります。

検索フォーム
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

TakumaFujisawa

Author:TakumaFujisawa
香川県高松市のふじ家具センター代表藤澤琢磨です!家具修理・家具製作・家具デザインからソファ・椅子の張替えなどの話題をこのブログに綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア